チョコレートで痩せれる!最新のダイエット事情

エネルギーの消費のため

栄養補助食品

効果的なタイミングで

食事で摂取した栄養分は、若いうちは酵素の働きによって、エネルギーとしてしっかりと消費されます。そのため体内に残るリスクは低いのですが、年をとると酵素の量は減っていきます。それにつれて体内では、余った栄養分が中性脂肪として蓄積されやすくなるのです。これが肥満の原因となるので、多くの人が肥満の回避または改善のために、サプリで体外から酵素を補充しています。サプリで摂取した酵素が、体内の酵素をサポートすることで、エネルギーは消費されやすくなるのです。ただし酵素は、エネルギーの消費だけでなく、食べた物を栄養分に分解するという働きもしています。そのため食べ物がお腹に多く詰まっている状態でサプリを飲むと、含まれている酵素がその分解のために働くことになります。つまりエネルギーの消費には、使われにくくなるということです。したがってダイエットを目的としている場合には、お腹に食べ物が入ってない状態でサプリを飲むことが大事とされています。また、飲んだ後にも空腹状態を維持することが大事で、その間に体では余った栄養分がエネルギーとしてどんどん燃焼されていきます。もちろん、空腹状態を維持するために食事の回数を減らせば、その分摂取カロリーが少なくなります。これにより、二重のダイエット効果が期待できるようになるのです。睡眠中は必然的に食事をとらなくなるので、寝る前に酵素のサプリを飲むという人も多くいます。また、エネルギーは運動中に特に多く消費されるので、酵素のサプリは運動の前後にもよく飲まれています。