チョコレートで痩せれる!最新のダイエット事情

栄養成分を組み合わせる

お腹

乳酸菌と食物繊維を摂取

よくお腹に良いとされる成分を摂取しても、なかなか効果を感じられないという人は多くいます。その理由は、実は摂取方法にあるといわれています。便秘に効果のある成分を取り入れても効果が出ないと感じる人の多くは、1つの成分のみを集中的に取り入れていることがあります。食物繊維だけを多くとることや、乳酸菌のみを摂取するなど、そのような仕方で便秘に効果を引き出そうとする場合があります。便秘を改善するためには、栄養成分の取り入れ方を組み合わせて摂取しなければ効果を出すことができません。乳酸菌は摂取しても、ほとんどが腸の入り口で死滅してしまいます。乳酸菌と一緒に食物繊維を取り入れなければなりません。食物繊維は、善玉菌となる乳酸菌を腸の全体に運ぶ役割を担います。乳酸菌だけでは腸に広がらず、便秘改善につながらせるには強い効果を発揮させることは難しいものです。ヨーグルトだけ、乳酸飲料水だけではなかなか便秘改善にはつなげられません。ヨーグルトと一緒に植物繊維が豊富に入っているフルーツや蜂蜜を加えて食べることで効果を出すことができますし、野菜や栄養成分豊富なシリアルを食べた後に乳酸飲料を飲むなど、栄養成分の組み合わせを上手に行うことで、摂取してから数時間後、人によっては数分後に効果を感じることがあります。薬ではないので飲んですぐに効果を出すことができるわけではありませんが、毎日続ければ腸の調子を整え、快便につなげることができるようになります。